デモのリクエスト
概要へ

ウェビナー

インテグリティ・マネジメント・システム - IMS: オペレーション・コンテクストを利用して最大の価値を得る方法

30 '23/5/30

イムス・オペレーティング・コンテキスト・セノスコ

このパネルディスカッションでは、OSHA 1910.119および類似の国際規制、運用状況、プログラム設計で考慮しなければならないシステム/設備の重要性について、専門家グループと議論します。パネルディスカッションでは、目標、目的、組織の活動に影響を与える内的・外的要因などについて、PESTEL(Political、Economic、Social、Technological、Environmental、Legal)の観点から、OCでカバーされている要素について議論します。

これらの要因及びそれらが IMS に及ぼす影響を理解することにより、組織は、戦略的意思決定を支援するためのより効果的かつ効率的なシステム及びプロセスを開発することができる。プログラム設計は、API 規格のような通常かつ一般に公正妥当と認められるエンジニアリングプラクティス (RAGAGEP)も考慮すべきである。

このセッションに参加して学ぼう:

  • 成熟したインテグリティ・マネジメント・システム(IMS)を開発、導入、運用する際には、組織のオペレーティング・コンテキスト(OC)が極めて重要である。
  • リスクアセスメント、パフォーマンスモニタリング、継続的改善など、効果的なIMSの主要要素について説明するとともに、IMSからより大きな価値を得るために組織がOCをどのように活用できるのか、実践的な事例を紹介する。 
  • 各組織固有の要件を満たす効果的なIMSの開発と導入を支援するOCの重要な役割について。  

日付 2023年5月24日(水)
時間:10:00 a.m. EDT

ライブセッションを見逃したようですが、オンデマンドで視聴できますのでご安心ください!以下のフォームにご記入ください。

今すぐ見る

スピーカー紹介

ルイス・クラードのヘッドショット

ルイス・クラルド

ソリューションエンジニア&ビジネス開発マネージャー(セノスコ)

メカニカル・インテグリティ、検査、試験、メンテナンスの分野で20年以上の国際経験を持つシニア・メカニカル・エンジニアでありMBA(経営学修士)である。

ヘッドショット

カルロ・オドアルディ

シニアインダストリーコンサルタント(ヘキサゴン)

ベストセラー "Uptime - Strategies for Excellence in Maintenance Management, 3rd Ed "の寄稿者として、カルロは業界のエキスパートであり、世界レベルの資産管理戦略のオピニオンリーダーとして広く知られている。また、優れた著者、トレーナー、指導者、コーチであり、資産信頼性基準に関する公的および私的な講座を数多く開催している。

ヘッドショット ボブ・フーパー

ボブ・フーパー

シニアインダストリーコンサルタント(ヘキサゴン)

ボブは、石油・ガス、電力、消費者製品、特殊化学品業界において、企業のオペレーショナル・エクセレンス、メンテナンス、インテグリティ、ターンアラウンド、信頼性エンジニアリング・プログラムの開発と実施に30年以上携わり、成功を収めてきた。そのキャリアは、安全性、コンプライアンス、コスト削減、製造能力の向上など、最終的に大きな成功をもたらしてきた。 また、ERPやAPMの導入を主導した経験もある。

ブライアン・モウラ ヘッドショット

ブライアン・モウラ

グローバルマーケティングマネージャー(ヘキサゴン)

ブライアンは経験豊富な法人営業、マーケティング、コンサルティング・サービス、エンジニアリングのプロフェッショナル。建築、エンジニアリング、建設業界をサポートするエンジニアリング・システムで40年以上の経験を持つ。廃棄物・水処理、石油化学、化石燃料、原子力発電所、製品設計・製造施設、公益事業、バイオテクノロジー、製薬、政府研究施設、運輸業界などの設計チームに所属。