デモのリクエスト
概要へ

ウェビナー

プロセス安全性調査とSISデータの単一ソースの利点

プロジェクトのハザードとリスク分析には、多くの専門分野からの複数の情報源が使用される。このようなプロジェクトをエンジニアリングする場合、ハザードとリスクのマッピングプロセスでは、通常、複数のソフトウェアアプリケーションを使用する。

27 April '22

製油所の前で話す2人の従業員、シス・データ・セノスコ

プロジェクトのハザードとリスク分析には、多くの専門分野からの複数の情報源が使用される。このようなプロジェクトをエンジニアリングする場合、ハザードとリスクのマッピングプロセスでは、通常、複数のソフトウェアアプリケーションを使用する。

それぞれが特定の知識を必要とし、アプリケーション間のデータ転送は非効率と人為的ミスを引き起こす。これらのアプリケーションから、プロジェクトは、既存のエンドユーザーデータベースとの統合を必要とする様々な文書を生成する。

プロジェクトのハザードとリスク分析データの保存、SISのメンテナンス、SISのテストスケジューリングなどである。

このウェビナーでは、これらの側面と、統合的アプローチが業界にどのような利益をもたらすかを検証する。

スピーカー紹介

ポール・チャーチ・セノスコ

ポール・チャーチ

LOPA/SIFコンサルタント

ポールのキャリアは35年に及び、航空宇宙、石油・ガス、原子力、鉄道、自動車システムで技術者およびエンジニアとして活躍。

過去9年間は、シェルと直接契約し、セーフティ・クリティカルなメンテナンスと機能安全に携わってきた。

現在、IEC61511に関連するLOPA議長およびSISライフサイクル活動として、セノスコとシェルをグローバルにサポートしている。

ピーテル・ポルデヴァート・セノスコ

ピーテル・ポルデヴァート

安全計装システムのシニア・ドメイン・エキスパート

シェルP&Tで機能安全エンジニアとして10年以上の経験を積んだ後、2021年にセノスコに入社。

その間、LOPA委員長およびSIFライフサイクル・コンサルタントとして、シェルおよびサードパーティーのプロジェクトやトレーニング・プログラムに携わる。

現在、PieterはIMS SIS/SIFproのドメイン・エキスパートであり、Cenoscoのツール・トレーナーでもあります。

オンデマンドで視聴する