デモのリクエスト
概要へ

ウェビナー

RCMの価値を高めるには

信頼性中心保全(RCM)の価値は過小評価されがちです。RCMが適切に実施されれば、非常に多くの分野で利益を得ることができます。

2 11月21日

プラットフォームが正常に機能しているかチェックする作業員、セノスコ

信頼性中心保全(RCM)の価値は過小評価されがちです。RCMが適切に実施されれば、非常に多くの分野で利益を得ることができます。そのメリットは、より費用対効果の高いメンテナンス戦略の構築など現金化できるものから、企業の二酸化炭素排出量の削減など現金化できないものまであります。このウェビナーでは、基本に立ち返り、効果的なRCMプログラムを実施し、それを最大限に活用する方法について説明します。

業界の専門家による対談をお聞きください。

スピーカー紹介

ハリー・ファン・テイリンゲン セノスコ

ハリー・ファン・テイリンゲン

信頼性保守のシニア・ドメイン・エキスパート

ハリーは本物のRCMエキスパートです。検査とメンテナンスの分野で長年の経験を持っています。ほとんどの期間はシェルに勤務し、現在はセノスコで信頼性中心保全のシニア・ドメイン・エキスパートとして活躍しています。

ディリップ・モルジェ

ディリップ・モルジェ

シェルにおける信頼性プログラムの提供とサポート

ディリップは、石油化学、化学、石油のダウンストリームおよびアップストリーム業界での経験を持ち、オペレーションとメンテナンスの信頼性分野で幅広い経歴を持つ。2016年からはシェルで信頼性プログラムの提供およびサポートを担当。

オンデマンドで視聴する