デモのリクエスト
概要へ

ウェビナー

パイプラインに効果的な技術的障壁管理を導入する方法

私たちは皆、パイプラインの技術的(ハードウェア)バリアが重要であることを知っていますが、その完全性管理という点では、しばしば不十分です。どのように点検・保守活動に優先順位をつければよいのでしょうか?

15 March '22

雪に囲まれた冬のパイプライン, Plss webinar cenosco

私たちは皆、パイプラインの技術的(ハードウェア)バリアが重要であることを知っていますが、その完全性管理という点では、しばしば不十分です。検査やメンテナンス活動の優先順位をどのように決めればよいのでしょうか?重要な劣化メカニズムとバリアは何か?最適な完全性作業計画(IWP)/保守基準計画(MRP)とスケジュールを作成するにはどうすればよいでしょうか?

そして、IMS PLSS(パイプライン管理ソフトウェア)のようなソフトウェアを使って、どのように文書化し、ギャップを埋めるのか?

スピーカーの紹介

フレッド・ホーヴ

フレッド・ホーヴ

パイプライン・インテグリティのシニア・ドメイン・エキスパート

フレッドはシェルに30年間勤務。その半分は検査関連問題の統計、データ分析、可視化の分野で。2019年にセノスコに入社し、IMS Pipeline and Subseaソフトウェアツールの開発と展開に多大な貢献をした。世界中で多くの導入に携わる。

オンデマンドで視聴する