デモのリクエスト
概要へ

ウェビナー

なぜ土木構造物にリスクベース検査(RBI)を適用すべきなのか?

土木構造物の力学は、他の多くのプラント設備とは異なり、劣化プロセスを年単位ではなく数十年単位で測定する。

27 January '22

海中の腐食した製油所の支柱のクローズアップ、セノスコRBI

土木構造物の力学は他の多くのプラント設備とは異なり、劣化プロセスは年単位ではなく数十年単位で測定される。このような長い時間枠は、土木構造物の検査がしばしば軽視されることを意味し、その結果、その完全性も損なわれます。これは、お客様の資産に重大なリスクをもたらす可能性があります。このような長いタイムラインにもかかわらず、リスクベースの検査アプローチは土木構造物にも適用可能であり、また適用すべきであると私たちは考えています。

このウェビナーでは、私たちのエキスパートであるハンス・ハウッスンとルイス・キュラドが共有しました:

  • RBIが土木構造物にとって重要な理由
  • IMS PEIを活用した資産のクリティカリティ(重要度)またはベースリスクの算出方法
  • RBIがもたらすメリット

スピーカー紹介

ハンス・ハウッスン

ハンス・ハウッスーン

オーナー ハウスクーン・コンサルタンシー

土木工学と材料工学のバックグラウンドを持つ。専門は土木の完全性管理と産業用断熱材。大手石油・ガス会社に42年間勤務した後、現在はハウッスーン・コンサルタンシーを経営。

スピーカー紹介

ルイス・クラルド・セノスコ

ルイス・クラルド

ソリューション・エンジニア兼事業開発マネージャー

メカニカル・インテグリティ、検査、試験、メンテナンスの分野で20年以上の国際経験を持つシニア・メカニカル・エンジニアでありMBA(経営学修士)である。

オンデマンドで視聴する